TopPage 野菜病害虫の目次 サツマイモ病害虫の目次 病害名索引

サツマイモ炭腐(すみぐされ)

発生時期:11月  病原:糸状菌  

伝染方法:菌核の形で病イモ中で越冬し、翌年の伝染源となる。貯蔵中に高温・多湿になった場合に発生。

被害:イモがやや軟化し、内部が黒褐色に変色する。 

初期症状 
イモがやや軟化し、
内部がわずかに黒変
イモの表皮の下が
灰色に変色
灰色変色部の多数の
黒色菌核
症状進行 
イモの内部が黒褐色に変色
表皮と黒褐色部との間は灰色
灰色変色部には
多数の黒色菌核
黒色菌核は直径0.1mm
発病部の表皮はシワが
寄り光沢が無くなる
発病部の表皮裏には多
数の黒色菌核
次第にイモ内部全体が
黒褐色になる
全体が黒褐色になった
イモの断面
全体が黒褐色になると
表皮のシワは深い

TopPage 野菜病害虫の目次 サツマイモ病害虫の目次 病害名索引