TopPage 穀類・豆類病害虫の目次 イネ病害虫の目次 病害名索引

イネいもち病(葉いもち)

発生時期:6月〜8月  病原:糸状菌(かび)

伝染方法:種もみ、被害わらに付いた病原菌が、越冬して伝染源となる。翌年そこから胞子が飛散して伝染する。

被害:葉に紡錘形の病斑を生じ、多数形成されると、草丈が低くなり、「ずり込み症状」となる。

葉いもち(進展型)
葉いもち(進展型)
葉いもち(ずり込み症状)
葉いもち(ずり込み症状)
葉いもちによるずり込みほ場
水口は水温が低いため、
いもち病が発生しやすい
葉いもちの進展型病斑
葉いもちの進展型病斑
(胞子が見える)
イネいもち病胞子
葉いもち(停滞型)
葉いもちによるずり込み株
(停滞型病斑)
葉いもちの停滞型病斑

TopPage 穀類・豆類病害虫の目次 イネ病害虫の目次 病害名索引