TopPage 穀類・豆類病害虫の目次 ムギ病害虫の目次 病害名索引

コムギなまぐさ黒穂(くろほ)

発生時期:5月〜6月  病原:糸状菌(かび)

伝染方法:種子伝染(収穫・調製の際に発病子実が破れ、健全子実を汚染することが問題となる)
土壌中に生存した胞子により発芽時に感染することもある。

被害:発病子実は黒褐色となり、つぶすと、なまぐさい悪臭を放つ。

発病穂(6月上旬)
発病穂(6月上旬)
発病穂の多い株
発病穂(上)と健全穂(下)
発病穂拡大
発病穂拡大
発病子実
子実をつぶすと
黒褐色の粉(胞子)が出る
コムギなまぐさ黒穂病の胞子

TopPage 穀類・豆類病害虫の目次 ムギ病害虫の目次 病害名索引