TopPage 病害虫豆知識
殺虫剤の登録年次と特徴
農薬の
系統
農薬商品名 登録年次 浸透
移行
特徴
有機
リン
EPN 1951年 昭和26 残効長い。毒物
ダイアジノン 1955年 昭和30
ディプテレックス 1957年 昭和32
スミチオン 1961年 昭和36
オルトラン
(ジェイエース)
1973年 昭和48 粒剤は天敵への影響が少ない
DDVP 1975年 昭和50 残効短い、ガス効果あり
カーバ
メート
ミクロデナポン 1959年 昭和34
バッサ 1968年 昭和43 ウンカ・ヨコバイ用
ランネート 1970年 昭和45 吸入毒性が極めて強い
ガゼット
(アドバンテージ)
1983年 昭和58 粒剤は天敵への影響が少ない
オンコル 1986年 昭和61
合成
ピレス
ロイド
アディオン 1985年 昭和60 残効長い
アグロスロン 1986年 昭和61
トレボン 1987年 昭和62 合ピレの中では残効短い
スカウト 1987年 昭和62 残効長い。
ロディー 1988年 昭和63 残効長い。ハダニにも効果あり
フォース 1993年 平成5 土壌殺虫剤。ガス効果あり
アーデント 1995年 平成7 残効長い。ハダニにも効果あり
ネライ
ストキ
シン
パダン 1967年 昭和42 残効長い。遅効性
ネオ
ニコチ
ノイド
アドマイヤー 1992年 平成4
モスピラン 1995年 平成7 ハチへの影響が少ない
ベストガード 1995年 平成7 タバココナジラミに有効
バリアード 2001年 平成13 ハチへの影響が少ない
アクタラ 2000年 平成12 カメムシの防除有効が高いが、
ハチへの影響期間が長い
ダントツ 2002年 平成14
スタークル
(アルバリン)
2002年 平成14 同上。タバココナジラミに有効。
昆虫
成長
制御
(IGR)
アプロード 1983年 昭和56 脱皮阻害。ウンカ・ヨコバイ用
アタブロン 1988年 昭和63 脱皮阻害
ノーモルト 1990年 平成2 脱皮阻害
カスケード 1993年 平成5 脱皮阻害
ロムダン 1994年 平成6 脱皮異常促進
トリガード 1996年 平成8 脱皮阻害。ハモグリバエ用
マッチ 1998年 平成10 脱皮阻害
マトリック 1999年 平成11 脱皮促進。摂食阻害
ファルコン 2001年 平成13 脱皮異常促進。残効長い
カウンター 2004年 平成16 脱皮阻害。
その他 プリンス 1996年 平成8 残効長い
コテツ 1996年 平成8
アファーム 1997年 平成9
チェス 1998年 平成10 吸汁抑制。アブラムシ・コナジラミ用
スピノエース 1999年 平成11
トルネード 2001年 平成13
ハチハチ 2002年 平成14
プレオ 2004年 平成16
キラップ 2005年 平成17 カメムシ用
ウララ 2006年 平成18 吸汁阻害。アブラムシ・コナジラミ用
フェニックス 2007年 平成19 チョウ目用。残効長い
プレバソン 2009年 平成21 チョウ目・ハモグリバエ用。残効長い
気門
封鎖
オレート 1992年 平成4 散布回数
制限なし。
スポット散布
に適する。
コナジラミ・アブラムシ用
粘着くん 1998年 平成10 アブラムシ・ハダニ用
サンクリスタル 2000年 平成12 アブラムシ・コナジラミ・ハダニ用
アカリタッチ 2001年 平成13 ハダニ用
殺ダ
ニ剤
テデオン 1957年 昭和32
オサダン 1980年 昭和55
ニッソラン 1985年 昭和60
コロマイト 1990年 平成2
ダニトロン 1991年 平成3 ピラゾール系
サンマイト 1991年 平成3 タバココナジラミに有効
ピラニカ 1993年 平成5
バロック 1998年 平成10 殺成虫力は弱い
カネマイト 1999年 平成11
マイトコーネ 2000年 平成12
殺線
虫剤
D−D 1950年 昭和25
ネマモール 1965年 昭和40
ネマトリン 1992年 平成4
キルパー 1993年 平成5
微生物
農薬
BT剤 1981年 昭和56 商品名:ゼンターリ、エスマルク等。
細菌の生芽胞及び産生結晶毒素。
チョウ目用。散布回数制限なし
パストリア 1998年 平成10 パスツーリア菌胞子。
ネコブセンチュウ用
バータレック 2000年 平成12 糸状菌の胞子。アブラムシ類用
マイコタール 2001年 平成13 糸状菌の胞子。コナジラミ類用
プリファード 2001年 平成13 糸状菌の胞子。
コナジラミ類・ワタアブラムシ用
ボタニガード 2002年 平成14 糸状菌の胞子。
コナジラミ類・アザミウマ類・コナガ用
ゴッツA 2008年 平成20 糸状菌の分生子。コナジラミ類用


TopPage 病害虫豆知識