TopPage 土着天敵の目次

ブランコヤドリバエ

活動時期:春〜秋  生息地:田、畑、樹園地、茶園

寄生する害虫:大型のチョウ目幼虫(ハエが幼虫の体表に卵を産み付ける)

参考:ブランコヤドリバエは、背中の4本の黒筋と腹部の剛毛が特徴。


シモフリスズメ幼虫体表の
黒い点は、
ブランコヤドリバチ幼虫の侵入口
ブランコヤドリバエの
白い卵(長径0.7mm)及び
黒い幼虫の侵入口(直径1mm)

体表に黒い侵入口のある
サザナミスズメ幼虫
ブランコヤドリバエ幼虫の
黒い侵入口
クロスズメ幼虫の腹部から出た
ブランコヤドリバエ
老齢幼虫(体長15mm)
ブランコヤドリバエ
老齢幼虫(体長15mm)
ブランコヤドリバエ幼虫が
腹部から出たクロスズメ幼虫
ブランコヤドリバエ
蛹化直前幼虫(体長8mm)
ブランコヤドリバエ
蛹(体長8mm)
ブランコヤドリバエ
成虫(体長10mm)
ブランコヤドリバエ
成虫(体長10mm)
ブランコヤドリバエ幼虫が
出たサザナミスズメ蛹

TopPage 土着天敵の目次