TopPage 植木病害虫の目次 ツバキ病害虫の目次 病害名索引

ツバキもち病

発生時期:5月  病原:糸状菌(かび)

伝染方法:風雨により伝染。

被害:病原菌の産生物質によりチバキの葉細胞が肥厚し、表面が白粉に覆われもち状となる。肥厚部は次第に灰褐色となり、乾いて落下する。 

発病初期葉
発病初期葉
発病初期葉
発病葉
発病葉
赤く変色した発病葉
葉表は赤く、裏は白い発病葉赤
一部発病葉
白い粉に覆われる
発病進展葉
発病進展葉
葉裏に黒いかびを生じる
発病末期葉

TopPage 植木病害虫の目次 ツバキ病害虫の目次 病害名索引