TopPage 野菜病害虫の目次 イチゴ病害虫の目次 病害名索引

イチゴ輪斑(りんぱん)

発生時期:5月〜10月  病原:糸状菌(かび)

伝染方法:ほ場に落ちた発病葉やランナー上の病原菌が、伝染源となる。次期作では、そこから胞子が飛散して伝染する。

被害:葉に紫赤色の斑点を生じる。斑点の中心部はやや色が薄い。 

発病初期葉
発病初期葉
紫赤色の円形斑点
発病葉
発病葉
病斑がつながる
病斑が拡大
大型病斑
発病進展葉
発病進展葉
ランナーは炭疽病と似た病徴
発病株

TopPage 野菜病害虫の目次 イチゴ病害虫の目次 病害名索引