TopPage 野菜病害虫の目次 ナス病害虫の目次 病害名索引

ナス褐色腐敗(かっしょくふはい)

発生時期:6月〜7月、9月〜10月  病原:糸状菌(かび)

伝染方法:土中に残存した病原菌が、伝染源となる。翌年そこに生じた胞子が、土はねに伴い飛散して伝染する。周辺には多雨・多灌水により水媒伝染する。

被害:果実に褐色のくぼんだ病斑を生じ、表面に灰白色のかびを生じる。

発病果
発病果
褐色の病斑ができ、
軟化腐敗する
うっすらと霜状の
白いかびを生ずる
霜状の白いかびが
現れた被害果
被害果
霜状の白いかびが
目立つ被害果
土はね伝染するため、
低い位置の果実に被害が多い
白いかびに覆われ、
しぼんだ被害果

TopPage 野菜病害虫の目次 ナス病害虫の目次 病害名索引