TopPage 雑草の目次  雑草の科別索引 モクセイ科索引

シマトネリコ(樹木)

沖縄県原産の半常緑高木  樹高:10m〜15m  花期:6月〜7月(雌雄異株)

生育場所:庭木、公園木の周囲など  特徴:葉は羽状複葉で肉厚。白い果実が目立つ。生長が速い樹木。 

名前の由来:沖縄県などの島に生息するトネリコ。「トネリコ」は滑りやすくするため樹液を「戸に塗る木」という意味。

その他:飛散した種子が植え込みや道路の隙間で芽吹きやすいため、東京都では緑地における除去対象としている。  

高さ30cmの若木
高さ40cmの若木
高さ60cmの若木
高さ80cmの若木
若木の羽状複葉の葉
強剪定された親木
埼玉医大前の大木
(高さ8m)
埼玉医大前の大木
(8月中旬)
雌株には多数の果実が
付く(8月中旬)
白い果実(長さ25mm)
大木の羽状複葉の葉

TopPage 雑草の目次  雑草の科別索引 モクセイ科索引